コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出氏 こいでうじ

世界大百科事典 第2版の解説

こいでうじ【小出氏】

近世大名。信濃国伊奈郡小井氐に住み,姓としたという。のち,尾張国愛知郡中村に移り小出と改姓。1585年(天正13)秀政は和泉国岸和田城主となる。関ヶ原の戦ではその嫡子吉政(但馬国出石城主)と次子秀家が西東両軍に分属したが,戦後ともに旧領を安堵された。吉政は父没後に岸和田に移ったが,1619年(元和5)その嫡子吉英(よしふさ)が出石に移封(5万石),96年(元禄9)断絶。吉英の弟吉親は丹波園部に3万石を領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の小出氏の言及

【岸和田藩】より

…和泉国(大阪府)岸和田の城に拠った藩。松平(松井)氏以後は譜代。1583年(天正11)豊臣秀吉の部将中村一氏が岸和田城主になったのに始まる。一氏が85年に近江国水口に移封され,代わって小出秀政が4000石で封ぜられたが,しだいに加増され95年(文禄4)には3万石となり,その子吉政,孫吉英(よしひさ)と続いた。1619年(元和5)に丹波篠山から松平(松井)康重が5万石をもって封ぜられたが,31年(寛永8)1万石増の軍役を上申して許され6万石を領有した。…

【但馬国】より

… 関ヶ原の戦で斎村・別所は除封,宮部も除封されて二方郡の所領は因幡若桜(わかさ)藩山崎家盛領となった。出石の小出氏6万石,豊岡の杉原氏2万1000石は旧領を安堵された。翌1601年山名豊国に七美郡6700石が与えられ,04年に小出吉政が弟三尹(みつまさ)に分知した所領1万石のうち但馬5000石は和泉陶器藩の飛地となった。…

※「小出氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小出氏の関連キーワード京都府南丹市園部[町]南丹(市)出石〈町〉出石[町]近世大名有子山城岸和田藩南丹市園部城丹波国出石藩出石城園部藩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小出氏の関連情報