岸和田(読み)キシワダ

大辞林 第三版の解説

きしわだ【岸和田】

大阪府南部、大阪湾に面する市。商工業・住宅都市。近世、岡部氏の城下町。繊維・金属・木材・機械工業などが発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きしわだ【岸和田】

大阪府南西部の地名。大阪湾に面する岡部氏五万三千石の旧城下町。紡織工業都市として発展、現在、埋立て地には金属機械などの工業が発達。摩湯山(まゆやま)古墳群や久米田池、久米田寺などがある。大正一一年(一九二二)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸和田の関連情報