コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出 こいで

5件 の用語解説(小出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小出
こいで

新潟県南東部,魚沼市中西部の旧町域。六日町盆地の北部,水無川,佐梨川,破間 (あぶるま) 川が魚野川に合流するところにある。 1901年町制。 1954年伊米ヶ崎村を編入。 2004年堀之内町,湯之谷村,広神村,守門村,入広瀬村と合体して魚沼市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こいで【小出】

姓氏の一。
[補説]「小出」姓の人物
小出正吾(こいでしょうご)
小出粲(こいでつばら)
小出楢重(こいでならしげ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こいで【小出】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小出
こいで

新潟県中部、北魚沼(きたうおぬま)郡にあった旧町名(小出町(まち))。現在は魚沼市の南西部を占める一地区。1896年(明治29)小出町村と青島村が合併して町制施行。1901年(明治34)佐梨(さなし)村、島町村(一部)と合併、1954年(昭和29)伊米ヶ崎(いめがさき)村を編入。2004年(平成16)堀之内(ほりのうち)町、湯之谷(ゆのたに)村、広神(ひろかみ)村、守門(すもん)村、入広瀬(いりひろせ)村と合併して市制施行、魚沼市となる。旧町域は、魚野(うおの)川と破間(あぶるま)川、佐梨川の合流地点から北東に広がる。JR上越線と只見(ただみ)線の分岐点をなし、国道17号、252号、291号、352号が交差し、関越自動車道の小出インターチェンジがある。町の発生は破間川河口の四日町の渡し場で、小出は段丘崖(がい)下に発生した小出島とよばれた船着場であった。近世は魚沼八組の大割元(おおわりもと)の置かれた所で、近世初期、高田藩の奥只見(おくただみ)上田銀山の開発で、一躍銀山街道八宿の基地として町割され、魚野川舟運の河岸場(かしば)町としても栄えた。現在も折立(おりたて)、大湯(おおゆ)、栃尾又(とちおまた)の各温泉がある湯之谷温泉郷へ向かう佐梨川や破間川の谷口集落として交通上の要衝にあたり、奥只見に入るシルバーラインの観光基地をなす。農業は米作中心で、ほかに園芸栽培、ニシキゴイ(錦鯉)やニジマスの養殖がある。町の姿を大きく変えたのは、1957年奥只見電源開発の基地となってからである。そのほか古刹(こさつ)円福寺(阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像は国の重要文化財)や西福寺の大浦開山堂などの名所もある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小出の関連キーワード新潟県南魚沼市岡新潟県南魚沼市奥新潟県南魚沼市坂戸新潟県南魚沼市清水新潟県南魚沼市中新潟県南魚沼市中川新潟県南魚沼市中子新田新潟県南魚沼市中野新潟県南魚沼市宮新潟県南魚沼市六日町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小出の関連情報