小国民(読み)しょうこくみん

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこくみん【小国民】

1889年に高橋省三の学齢館から創刊された少年雑誌。初めは月刊,1周年号から月2回刊。それ以前に創刊された《少年園》(1888‐95,山県悌三郎主幹),《日本之少年》(1889‐94,博文館発行),その後に創刊された《少年文武》(1890‐92,中川霞城編集発行)などとともに,明治20年代の有力な少年雑誌である。修身,歴史,文芸娯楽などの平易な記事と挿絵で小学生の読者を獲得した。編集には石井研堂があたり,最盛期には1万5000部を発行したが,95年9月号で発行停止処分をうけ,廃刊した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の小国民の言及

【石井研堂】より

…福島県で小学校訓導となった後,1886年東京府小学高等科教員検定試験に合格。89年《小国民》(のち《少国民》)創刊に際しその編集を担当し,97年までその任に当たる。《小国民》は歴史読物などを多く含んだ少年雑誌で,研堂自身も無署名で執筆し,挿絵や印刷にも工夫がこらされていた。…

※「小国民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小国民の関連情報