コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本 やまもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本
やまもと

秋田県北西部,三種町北部の旧町域。八郎潟干拓地の北東に位置し,能代市の南に接する。 1955年下岩川村,金岡村,森岳村が合体して山本村となり,1962年町制。 2006年琴丘町,八竜町と合体して三種町となった。東部は山岳地帯で山林資源に富み,西部は三種川沿いに平野が開け,米作が中心。角助堤 (かくすけづつみ) のジュンサイは特産で,県外にも出荷される。中心地の森岳に森岳温泉がある。

山本
やまもと

香川県西部,三豊市南西部の旧町域。讃岐山脈北側斜面から三豊平野南部にかけて位置する。 1955年辻村,河内村,神田村,財田大野村の4村が合体して山本村となり,1957年町制。 2006年高瀬町,三野町,豊中町,詫間町,仁尾町,財田町の6町と合体して三豊市となる。中心集落の山本は古くから琴平,観音寺,池田 (徳島県) ,川之江 (愛媛県) に通じる街道が交差する交通の要地。農業は中部の財田川の沖積地を中心として,米のほかタケノコ,ミカンなどを栽培,畜産も行なわれる。製紙,鉄鋳物,食品加工などの工場もある。菅生神社社叢は国の天然記念物。大興寺四国八十八ヵ所第 67番札所で,鎌倉時代の木造天台大師坐像などの寺宝がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまもと【山本】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山本の言及

【大江御厨】より

…漁業を営む御厨住人は舟運にも従事し,1048年(永承3)の関白頼通高野山参詣のときには,大江御厨夫が淀川を下る乗船の水夫の役をつとめた。御厨領は川筋にそってひろがり,山本(八尾市),水走・河俣(東大阪市)あたりから,摂津の河口にまで及んでいた。 御厨領の要所には執当(しつとう)と呼ばれる現地荘官が置かれ,12世紀の初め,在地領主藤原氏(水走(みずはや)氏)が,大江御厨山本・河俣執当職に任じられたが,水走氏の祖と仰がれる藤原季忠は,1144年(天養1)ごろ,御厨内の河内郡有福名水走の地を開発して,これを本領とした。…

※「山本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山本の関連キーワードポンポコ庵 ふわりとした天ぷらうどんポンポコ庵 ふわりとした天ぷらそば秋田県山本郡八峰町峰浜小手萩秋田県山本郡八峰町峰浜高野々美術館夢呂土・山本丘人記念館秋田県山本郡八峰町峰浜内荒巻秋田県山本郡八峰町峰浜田中秋田県山本郡八峰町峰浜坂形秋田県山本郡八峰町峰浜石川秋田県山本郡八峰町峰浜沼田秋田県山本郡八峰町峰浜畑谷秋田県山本郡三種町天瀬川シューティング・ヒーロー秋田県山本郡三種町芦崎秋田県山本郡三種町大口山本 東次郎(2代目)秋田県山本郡藤里町大沢山本 東次郎(初代)上田市山本鼎記念館あゝ野麦峠・新緑篇

山本の関連情報