コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小塚原観臓 こづかっぱらかんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小塚原観臓
こづかっぱらかんぞう

江戸小塚原刑場で行われた解剖の見学のこと。特に『解体新書』翻訳のきっかけとなった明和8 (1771) 年3月4日の見学をさす。この日に参加したのは杉田玄白前野良沢,中川淳庵らであった。これを記念して小塚原刑場跡の回向院境内に観臓記念碑が建てられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android