見学(読み)けんがく

精選版 日本国語大辞典「見学」の解説

けん‐がく【見学】

〘名〙 実際を見て、知識を得ること。見ることによって学ぶこと。
※八雲御抄(1242頃)六「ただよくよくふるき歌を見学して、さる物から、しりがほに、ふるきうけられぬ詞を好みよむべからず」
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二五「ブリッヂに上って、小倉の舵取りを見学していた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「見学」の解説

けん‐がく【見学】

[名](スル)
実際のありさまを見て知識を広めること。「裁判所を見学する」「社会見学
体調などの都合で、体育実技などを実際に行わないで、見て学ぶこと。「風邪のため水泳を見学する」
[類語]見物観覧参観拝観来観見る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「見学」の解説

【見学】けんがく

実地に赴いてみる。

字通「見」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android