コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山綏介 こみやま やすすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

小宮山綏介

没年:明治29.12.24(1896)
生年:文政12(1829)
明治時代前半期の漢学者。水戸の人。名は昌玄,字は伯亀,号は南梁,綏介は通称。家は代々水戸藩の学者で,小宮山昌秀の孫に当たる。安政5(1858)年家督200石を継いで小普請組文久3(1863)年いったん致仕したが,元治1(1864)年馬廻組で郡奉行見習。慶応1(1865)年大番組で藩校弘道館助教,さらに郡奉行となったが,明治1(1868)年藩内の党争に座して幽閉された。のち東京府の地理志編纂の総修となり,21年に退職。23年から皇典研究所の『古事類苑』編纂の校閲委員となり,副編修も務めた。著書には『徳川太平記』『南梁年録』などがある。

(鈴木暎一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

小宮山綏介の関連キーワード小宮山南梁没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android