小宮山南梁(読み)こみやま なんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山南梁 こみやま-なんりょう

1829-1896 幕末-明治時代の漢学者。
文政12年生まれ。小宮山楓軒(ふうけん)の孫。常陸(ひたち)水戸藩校弘道館の助教として「国史志表」編修に従事。幕末の藩内抗争のため幽閉され,維新後は東京府につとめる。明治23年皇典講究所の「古事類苑(るいえん)」編修に参加した。日記「南梁年録」をのこす。明治29年12月24日死去。68歳。名は昌玄。字(あざな)は伯亀。通称は綏介(やすすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android