コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助教 じょきょうassistant professor

翻訳|assistant professor

4件 の用語解説(助教の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

助教

日本の大学教員の職階は、学校教育法によって教授、助教授、助手(及び大学の判断によって講師)となっていた。このうち助手の職務は教授、助教授を補助すると規定されているだけで、位置付けが曖昧であった。文部科学省は学校教育法の改正(2007年4月施行)によって、助教を設けると共に、現在の助教授を準教授(Associate Professor)とすることとした。助教は独立に授業を担当でき、教員の一員として数えられることになる。現在の助手のうち、教育を担当するものを助教とすることができるが、教育研究の補助を主な業務とするものは助手の名称を引き続き用いる。

(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

助教

准教授」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょ‐きょう〔‐ケウ〕【助教】

大学・高等専門学校の教員の職階の一。准教授の下。平成17年(2005)の学校教育法改正で新設。「専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の知識及び能力を有する者であって、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する」と規定される。平成19年(2007)4月施行。→助手
教授・教諭を補佐する役。また、その人。
「舌氏始め郷塾にありて―たり」〈中村訳・西国立志編
律令制大学寮の官の一。博士を助けて教授や課試に当たった。定員2名。正七位下相当官。助博士(すけはかせ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょきょう【助教】

教諭を補佐する職。また、その職。旧制の代用教員など。
大学の教職員の職名の一。准教授または専任講師の下。学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事することを職務とする。2007 年(平成 19)4 月の改正学校教育法施行に伴い、かつての助手から分離する形で導入。
律令制で、大学寮の職員。明経科に置かれ、博士を助けて教授や課試にあたった。定員二名。助すけ博士。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の助教の言及

【学校】より

…大量の教育の普及には,生徒を有効に編成し,教育の効果をあげなければならなかった。イギリスのベルAndrew Bell(1753‐1832)とランカスターJoseph Lancaster(1778‐1838)は,数百人の生徒を集めた学校で,祈禱・朗唱などは一人の教師が指導し,進度に応ずる必要のある科目の場合はいくつかのグループに分け,学力の高い年長者を助教monitorとして指導にあたらせる方式をとり,これがベル=ランカスター方式(またはモニトリアル・システム)と呼ばれ,産業革命以後に採用された。しかし義務教育の普及とともに組織だった教員養成がすすみ,数十人の学級編成がとられるようになったが,一斉指導の方式は引き継がれた。…

※「助教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

助教の関連情報