コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古事類苑 こじるいえん

6件 の用語解説(古事類苑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古事類苑
こじるいえん

明治期に政府が編纂した一種の百科事典。本文 1000巻。刊本は和装本で 350冊,洋装本では 50冊と索引1冊 (1927年の再版は 60冊) 。 1879年に西村茂樹の建議で文部省に編纂係が設けられ,96年に刊行を開始,1913年にようやく完結した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こじるいえん〔コジルイヱン〕【古事類苑】

百科事典。和装本1000巻。洋装本51冊。明治29~大正3年(1896~1914)刊。明治12年、西村茂樹の建議により文部省で編集を開始、皇典講究所神宮司庁へと引き継がれ、35年を費やして完成。歴代の制度、文物、社会全般の事項を30部門に類別し、六国史以下慶応3年(1867)までの文献から引用した例証を収載。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古事類苑【こじるいえん】

日本の官撰百科事典。1879年西村茂樹の建議で文部省が企画,担当部署の変動や幾度かの組織がえののち最終的には神宮司庁で完成。1896年―1914年刊行。本文1000巻,洋装本50冊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こじるいえん【古事類苑】

日本の百科全書。中国や日本の先行の類書の体裁にならう。30部,1000巻(和装本350冊,洋装本50冊)。ほかに総目録索引1冊。1914年完成。初版は1896‐1914年刊行。日本の歴史上,1867年(慶応3)までの制度・文物および社会全般の事項について,古今の書籍・文書などから関係する史料を原文のまま引用し理解させようとする。事項は天部,歳時部,地部,神祇部,帝王部以下,動物部,植物部,金石部まで30部に分けられ,さらに編・条・項と分類し,必要あるときは,付・併入などの配列を加えて,事項の遺漏がないように努めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こじるいえん【古事類苑】

百科全書。本文一〇〇〇巻。神宮司庁編。洋装本五一冊。1896(明治29)~1914(大正3)年刊。1879年、文部省に編纂掛を設けて編集を始め、皇典講究所さらに神宮司庁が引き継ぎ35年をかけて完成。古代より近世までの各時代の制度・文物・社会一般の事項を、天・歳時・地など三〇部に分けて、六国史以下1867年までの基本的文献から原文のまま引いた資料集。 → 小中村清矩

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古事類苑
こじるいえん

百科事典。和装351冊、洋装51冊。1896~1914年(明治29~大正3)にかけて刊行された。文部省大書記官西村茂樹(しげき)が類書編集を1879年に建議し、小中村清矩(きよのり)らが編集に着手したのに始まる。90年に皇典講究所に委託、95年に神宮司庁が編集を継続し、35年を費やして全1000巻が完成した。官撰(かんせん)の百科事典としてはわが国唯一のものである。古代から1867年(慶応3)までの文化、社会など諸般の事項を採録し、その事項に簡単な解説を付し、関連する記述を広く引用し、出典名を記す。天、歳時、地、神祇(じんぎ)、帝王など30の部門に分類し、各部は関係のある項目ごとにまとめる。江戸時代以前の日本文化の研究に大きな便益を供している。[沖森卓也]
『神宮司庁蔵版『古事類苑』普及版全51冊(1976~80・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古事類苑の言及

【百科事典】より

… 欧化を推進した政府は,他方で神道国教化などの復古的な性格をもち,古典・古文書などを抄出して類聚しながら日本の制度・文物の沿革を明らかにする国学的な類書の編纂に着手した。1879年文部大書記官西村茂樹の建議に始まる《古事類苑》の編纂は,紆余曲折を経て1913年に和装本350巻,洋装本50巻・索引1巻という大部のものとして完成したが,江戸時代の《類聚名物考》や《古今要覧稿》を受け継ぎ集大成した日本に関する百科事典として,現在でも利用されている。また,物集高見(もずめたかみ)が独力で30年の歳月を費やして編纂した《広文庫》20巻,索引《群書索引》3巻も,同じ流れをくむものである。…

※「古事類苑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古事類苑の関連キーワードアンシクロペディストエンサイクロペディア百科全書百科全書派アメリカーナ百科事典二中歴百科《系統的百科全書》《中国大百科全書》《帝国百科全書》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古事類苑の関連情報