コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島亮仙 こじま りょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島亮仙 こじま-りょうせん

?-? 戦国時代の画家。
周文(しゅうぶん)の水墨画を手本にまなんだという。「天文八己亥」(1539年)筆としるした絵がのこされている。別号に亮僊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小島亮仙の関連キーワード戦国時代周文