コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手本 テホン

デジタル大辞泉の解説

て‐ほん【手本】

習う人が模範とすべき字や絵などのかいてある本。「手本どおりに書く」
見習うべき物事。模範。「友人宅を手本にして新築する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てほん【手本】

絵や文字を習うとき模範とすべき書画およびそれをかいた本をさし,転じて物事を行うとき模とすべきもの,見本とするものをいう。《源氏物語》梅枝巻に〈手本多くつどへたりし中に……〉の用例があるように,早くからこの語句が使われた。一般に書を学ぶとき,その時間の大半は臨書に費やされる。先生の手本や古典の名蹟を見て練習し,自運,創作への基礎とするのである。みずからの栄養源となるものであるから良い手本を習うにこしたことはなく,永年にわたり万が認めた古典的名筆が選ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てほん【手本】

初心者が絵や字を習うときにまねて似せるべき絵や字。
物事をするときにならうべき人や物。また、先例。 「 -となる人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手本の関連キーワード折り手本・折手本示しがつかないロールモデル七ついろは往来の巻物お軽・勘平範を垂れるお軽勘平一力茶屋仮名手本忠臣蔵女庭訓板表紙折手本絵手本法書模本形臨師表帖子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手本の関連情報