手本(読み)テホン

デジタル大辞泉の解説

て‐ほん【手本】

習う人が模範とすべき字や絵などのかいてある本。「手本どおりに書く」
見習うべき物事。模範。「友人宅を手本にして新築する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てほん【手本】

絵や文字を習うとき模範とすべき書画およびそれをかいた本をさし,転じて物事を行うとき模とすべきもの,見本とするものをいう。《源氏物語》梅枝巻に〈手本多くつどへたりし中に……〉の用例があるように,早くからこの語句が使われた。一般に書を学ぶとき,その時間の大半臨書に費やされる。先生の手本や古典の名蹟を見て練習し,自運創作への基礎とするのである。みずからの栄養源となるものであるから良い手本を習うにこしたことはなく,永年にわたり万人が認めた古典的名筆が選ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐ほん【手本】

〘名〙
① 文字や絵画などを習うときに、そばに置いて模範とするために書かれた本。臨本。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「て本四くわん、いろいろのしきしにかきて」
※源氏(1001‐14頃)若紫「いまめかしきてほむ習はば、いとよう、書い給ひてん」
② 物事を行なうのに、模範とすべき人や物、または行ない。見ならうべきこと。模範。
※平家(13C前)九「是を見給へ、東国の殿原、日本一の甲の者の自害する手本とて」
③ 標準となる型、様式。また、商品などの見本。
※評判記・野郎虫(1660)玉木権之丞「わかしゅ人形の、手本(テホン)にさせたき人なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報