コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小平奈緒 こだいら なお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小平奈緒 こだいら-なお

1986- 平成時代の女子スピードスケート選手。
昭和61年5月26日生まれ。伊那西高在学中のインターハイで女子500m,1000mに優勝。平成18年日本学生氷上競技選手権大会でも同種目で2冠。同年全日本スピードスケート距離別選手権大会の1000mで優勝。22年バンクーバー冬季五輪では500mは12位だったが,1000m・1500mともに5位に入賞,穂積雅子田畑真紀と組んだチームパシュート(団体追い抜き)で銀メダルを獲得した。24年全日本スピードスケート距離別選手権の500m,1000m,1500mで2年連続,3回目の3冠を達成。25年全日本スピードスケート距離別選手権で500m,1000mを制して総合優勝。26年のソチ冬季五輪代表となり,500mで5位入賞,1000mは13位。同年ワールドカップ(W杯)第2戦(ソウル)500mでW杯初優勝,全日本スプリント選手権の4レースすべて1位の完全優勝で総合4連覇。27年W杯26-27年シーズン女子500mで種目別優勝をはたした。相沢病院所属。長野県出身。信州大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

小平奈緒

スピードスケート選手。1986年5月26日、長野県生まれ。3歳でスケートを始める。伊那西高等学校を経て信州大学へ進学し、卒業後、2009年から社会医療法人財団慈泉会・相澤病院に所属。10年のバンクーバー五輪では女子1000メートルと同1500メートルで5位に入賞、女子チームパシュート(団体追い抜き)では日本女子スピードスケート界で史上初となる銀メダルを獲得。14年のソチ五輪では女子500メートルで5位入賞、同1000メートルで13位の成績を残した。14-15年シーズンと16-17年シーズンのワールドカップでは女子500メートルで種目別の総合優勝を達成。17年には世界スプリントスピードスケート選手権大会で日本女子初となる総合優勝に輝き、世界距離別スピードスケート選手権大会では女子500メートルで金メダル、同1000メートルで銀メダルを獲得した。同年のワールドカップソルトレークシティー大会では、女子1000メートルでスピードスケートの個人単種目では日本女子初となる世界記録をマークして優勝を果たしている。

(2017-12-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

小平奈緒の関連キーワード2017冬季アジア札幌大会インターハイ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小平奈緒の関連情報