小手指原・小手差原(読み)こてさしがはら

精選版 日本国語大辞典の解説

(「こてさしばら」とも) 埼玉県所沢市北西部、武蔵野台地の中央部にある原。古戦場。元弘三年(一三三三)の新田義貞・北条高時の戦い、正平七(観応三)年(一三五二)の足利尊氏・新田義興の戦いなどで有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android