小松(読み)こまつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小松(山形県)
こまつ

山形県南部、東置賜(ひがしおきたま)郡川西町(かわにしまち)の中心地区。旧小松町。江戸時代には越後(えちご)街道(米沢~坂町)の宿駅、また犬川(いぬかわ)の谷口集落であった。国道287号が通じ、JR米坂(よねさか)線羽前小松駅がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小松の関連情報