コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口集落 たにぐちしゅうらくvalley mouth settlement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷口集落
たにぐちしゅうらく
valley mouth settlement

渓口集落ともいう。山地から流出する河川に沿って,山麓口にあたる谷口付近に立地した集落。山地の生産物と平地の生産物との交易をおもな目的として発達した。関東地方の西部山麓地帯の青梅五日市,飯能,越生 (おごせ) ,寄居下仁田,渋川などはいずれも谷口集落。これらの集落は,近世には市場町として発展,それぞれの地方の経済的中心集落であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たにぐち‐しゅうらく〔‐シフラク〕【谷口集落】

河川が山間部から平野に出るところに開けた集落。山方里方との物資の交易地となる。渓口(けいこう)集落。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たにぐちしゅうらく【谷口集落】

河川が山地から平地に出る谷口に立地する集落。渓口(けいこう)集落ともいう。生産活動の異なる山地と平地との接触地点にあたり,両地域の生産物,日用必需品の交易をおもな機能として発達した集落が多い。また,地形的には傾斜変換点にあるので,水車を動力とする機業製粉業が発達した集落もあり,いずれも山麓地方の経済上の中心地をなす。ほとんどは谷口に沿う河岸段丘上に街村をなして立地し,宅地割は道路に直交する短冊形で,家屋は比較的高密度に凝集し,広い道幅にかつて市庭(いちば)(市場)があったなごりをとどめている例が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たにぐちしゅうらく【谷口集落】

河川が山地から平地に出るところに立地する集落。交易地として発達。渓口けいこう集落。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷口集落
たにぐちしゅうらく

河川が山間部から平地部に流れ出す「谷口」に発達した、商工業者が多く集まる町場(まちば)色の強い集落をいう。渓口(けいこう)集落ともいう。山間部と平地部ではそれぞれ趣(おもむき)を異にした生産活動をするので、両者が接触する谷口では山方と里方の生産物を交換する機能を果たすようになる。そして谷口ではまずあらかじめ交換日(市日(いちび))と場所(市庭(いちば))が協定されて交換や取引が行われ、やがて市場集落が発達する。交換・取引される農林産物には加工適材が少なくなく、谷口は市場商業に加えて、山方・里方両地の生産物資の加工業地としても発達してきた。日本では中央部に山地が広く連なり、多くの河川がそこに発源して堆積(たいせき)平野をつくり、谷口部には大小規模の谷口集落が発達し、流通と加工業地の機能を果たしている。関東山地の東縁とその山麓(さんろく)平野との境界地帯には早くから谷口集落が発達し(五日市その他)、その好例地域とされるが、全国諸地域にもそうした類例が数多くみられる。[浅香幸雄]
『中島義一著『市場集落』(1965・古今書院) ▽矢嶋仁吉著『日本の集落』(1969・古今書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

谷口集落の関連キーワードノイシュタットアンデアワインシュトラーセトンシー(東勢)土佐山田[町]古市(広島市)津田(大阪府)小松(山形県)ノイシュタット岩出山[町]中新田[町]三加茂[町]浮羽[町]加茂[町]川内[町]吾妻[町]田沼[町]西頸城丘陵飯能[市]船岡[町]赤坂[町]桐生[市]

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android