コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川西 かわにし

12件 の用語解説(川西の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川西
かわにし

新潟県南部,信濃川中流左岸にある十日町市北部の旧町域。 1956年千手町と仙田村,橘村,上野村の3村が合体して川西町が発足。 2005年十日町市中里村,松代町,松之山町と合体して十日町市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川西
かわにし

長野県中部,小県郡に属した旧村名。 1973年上田市に編入。松本街道沿いの浦野が中心。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわにし〔かはにし〕【川西】

兵庫県東部の市。阪神の住宅衛星都市として発展。モモ・イチジク・木炭などを特産。人口15.6万(2010)。
京都の下京二条通り以南、西洞院(にしのとういん)川の西側地域の称。近世、小商人・職人が多く住んでいた。
京都の鴨川の西側地域の称。陰間茶屋(かげまぢゃや)が多かった。→川東(かわひがし)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわにし【川西】

兵庫県東南部の市。近年、北部の丘陵地に住宅の開発が進む。皮革・染色などの工業が盛ん。
山形県南部、東置賜ひがしおきたま郡の町。米沢盆地の南西部に位置し、銘酒の産地。
奈良県北西部、磯城しき郡の町。飛鳥川・寺川が大和川に合流する低湿地帯。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕川西(かわにし)


塩田平(しおだだいら)

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川西
かわにし

新潟県南部、中魚沼(なかうおぬま)郡にあった旧町名(川西町(まち))。現在は十日町(とおかまち)市の北西部を占める地域。十日町盆地の信濃(しなの)川左岸にある発電の町。1956年(昭和31)千手(せんじゅ)町と上野、橘(たちばな)、仙田(せんだ)村の1町3村が合併して川西町と改称。2005年(平成17)十日町市に合併。国道252号、403号、404号が通じる。旧町域付近は信濃川左岸の川西段丘の発達地域で、第二次世界大戦前、段丘崖(がい)比高を利用した国鉄(現JR)千手発電所ができ、最大出力12万キロワットの電力を東京の山手(やまのて)線に供給している。良質米の産地で、葉タバコや野菜の栽培も盛んである。仙田は渋海(しぶみ)川上流峡谷の仙郷で、仙田紙の産地であった。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川西の関連情報