コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林一瓢 こばやし いっぴょう

1件 の用語解説(小林一瓢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林一瓢 こばやし-いっぴょう

?-? 江戸時代後期の武士。
蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩士。天保(てんぽう)14年(1843)ロシア船が長者丸漂流漁民の次郎吉らを択捉(えとろふ)島まで護送してきた際,漂民受取証をかいて漁民をひきとる。この行為が幕府の禁にふれ,孤島に流されたが,自適の晩年をおくったという。通称は朝五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone