コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁民 ぎょみん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁民
ぎょみん

漁業を生計とする者をいう。家族単位の小経営を行うものと,漁業会社あるいは網元などに雇用されるものの二者に分れる。後者の場合,さらに漁期ごとに雇用される季節労働者的存在と,遠洋漁業従事者のように年間を通じて同一経営に雇用されるものの2つがあり,大規模な経営のなかにあっては,多くの場合漁民も近代的な労働協約に基づいた賃金労働者の形態を強くしてきているが,その雇用形態,労働条件にはなお前近代的な面も少からず残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐みん【漁民】

漁業にたずさわる人。漁師(りょうし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょみん【漁民】

漁業を職業とする人々。漁師りようし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の漁民の言及

【浦・浜】より

…日本の前近代を通じて漁村を表示する地名用語。古代社会においては,律令制的な公私共利の原則の下に浦浜の排他的領有は禁じられ,地域共同体全体による用益が行われていたが,他面それと競合する形で,王権に直属して(にえ)を貢納する贄人・海部(あまべ)などの漁民集団の漁場利用も存在していた。そして,中世初期,平安時代以降,後者の系譜をひいて,権門寺社による海民編成が進行し,浦浜の私的・荘園制的領有が発展する。…

【百姓網】より

…浦方百姓=漁民による網漁の経営形態で,単なる漁網の種類ではない。近世の漁村では農村同様,百姓身分の構成に変りはないが,宇和島藩,吉田藩にみられる百姓網は漁業年貢,諸役を負担し,村の地先漁場を占有利用する浦方百姓のうち,網を世襲的に持っている村役人を除く他の漁民に,臨時的に許可された網漁経営である。…

※「漁民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漁民の関連キーワードルドヴィー ノルドストリョームサン・ピエール[島]にっぽん音吉漂流記水産業協同組合ハンス キルク漁業調整委員会加田屋助右衛門コンソン[島]ウェッサン島ハイルオト島アルキフロン美保関[町]グリムスエイ関東漁業開発漁業協同組合漁業生産組合横井 安友揺れる大地中間ライン柴田吉之丞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁民の関連情報