コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小段 コダン

デジタル大辞泉の解説

こ‐だん【小段】

段数の少ない、小さい階段。
堤防築地(ついじ)の斜面中腹につくる小さな平段。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小段の言及

【能】より

…しかしこうした変化の一方,世阿弥のころから少しも変わらない面もある。構造面では能本(のうほん)の詞章やその小段(しようだん)構成など,技法面では謡の美を息扱いとリズムの細かな変化に求めることなどがそれである。なお,囃子は,世阿弥のころすでに笛,鼓(つづみ),太鼓(たいこ)が用いられていたが,小鼓(こつづみ),大鼓(おおつづみ)の区別があった確証はなく,現在の囃子の楽型が確認できる資料は,江戸時代初頭のものまでしかさかのぼれない。…

※「小段」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小段の関連キーワード隈部氏館跡日本社会党中津平野出入事名ノリくどき矢田川土工事ノットスエルクドキ大ノリ舞働き犬走り次第大序クリ論義松岡小歌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android