中腹(読み)ちゅうっぱら

精選版 日本国語大辞典「中腹」の解説

ちゅうっ‐ぱら【中腹】

〘名〙
① (形動) 心中で怒ってむかむかしていること。心の中の怒りを発散させないために中途半端な気分であること。また、そのさま。むかっぱら。ちゅうはら。
※洒落本・甲駅雪折笹(1803)一「ふられた夜半(よわ)の中っぱらには、もてた座鋪のひそひそ声耳にこたへ」
② (形動) 気みじかで威勢のよいことや、そのさま。また、そのことばや行動やそういう人。短気。勇みはだ。ちゅうはら。
※黄表紙・人間万事塞翁馬(1800)「ちうっぱらを云アがったとて何と思ふ者か」
③ 中ほど。真中あたり。中間。
※土(1910)〈長塚節〉二〇「田の畦豆(くろまめ)引っこ抜えて土手の中(チウ)っ腹(パラ)へ」

ちゅう‐はら【中腹】

〘名〙 (形動) (「ちゅうばら」とも)
※洒落本・虚実柳巷方言(1794)中「粋言〈略〉中腹(チウハラ)
※洒落本・太平楽記文(1784)「あいつはの、ごうてきにつよいわな。かしらかまへの五十五かんちうばらにかるくかつぐ」

ちゅう‐ふく【中腹】

〘名〙 山の頂上とふもととの中間。山腹
※洒落本・大抵御覧(1779)「山の中腹(チウフク)をめぐるを中道(ちうとう)といふ」 〔晁補之‐坐進庵賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android