コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原貞任 おがさわらさだとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小笠原貞任
おがさわらさだとう

江戸時代中期の人。宮内と称した。小笠原島の発見者として伝えられる小笠原貞頼の曾孫と称し,享保 12 (1727) 年江戸幕府から小笠原島渡航の許可を受け,その後,一族の式部長晃を代理渡航させたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報