コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原貞頼 おがさわらさだより

5件 の用語解説(小笠原貞頼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小笠原貞頼
おがさわらさだより

安土桃山時代の武将。豊臣秀吉に仕え,小田原征伐や朝鮮役に従軍。南海に群島を発見して小笠原島と名づけたというが,『小笠原家譜』『藩翰譜』などには貞頼の名はみえず,その所伝の真偽は明らかでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おがさわら‐さだより〔をがさはら‐〕【小笠原貞頼】

安土桃山時代初期の武士。信濃の人。小笠原諸島の発見・命名者と伝えられるが、実在の確証はない。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原貞頼 おがさわら-さだより

?-? 織豊-江戸時代前期の武士。
信濃(しなの)(長野県)松本城主小笠原貞慶(さだよし)の兄長隆の子という。豊臣秀吉の小田原攻め,朝鮮出兵に参加。徳川家康の命をうけ,文禄(ぶんろく)2年(1593)伊豆(いず)下田より出航し,3島を発見して小笠原島と命名したというが,真偽はさだかでない。通称は彦七郎,又七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小笠原貞頼

生年:生没年不詳
安土桃山時代の武将。通称彦七郎,又七郎。民部少輔。小笠原諸島の発見者と伝えられる。信濃(長野県)の領主長時の孫(曾孫との説もある),松本城主貞慶の兄長隆の子。織田信長,豊臣秀吉,徳川家康に仕える。文禄2(1593)年,朝鮮出兵の帰陣に際し,しかるべき島があったら取ってよいとの証文を家康から得,小笠原諸島を発見,秀吉に安堵されたという。しかし確かな史料は存在せず,貞頼の名は,『小笠原家譜』や『寛政重修諸家譜』など江戸時代にできた家譜には記されていない。<参考文献>『翁草』20巻,中島次太郎『小笠原氏の虚像と実像』,『松本市史』上

(笹本正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小笠原貞頼
おがさわらさだより

安土桃山時代の武将。生没年未詳。小笠原長時(ながとき)の曾孫といわれるが、系図などにはみられず定かではない。織田、豊臣、徳川の3代に仕え、小田原攻めや文禄・慶長の役にも従軍したという。その後、家康の許しを得て無人島の開発を行い、1593年(文禄2)に3島を発見。家康が発見者の名前をつけることを許したため、小笠原諸島と命名されたという。この点は確かな史料がなく、発見時期にも矛盾があり、真偽は疑わしい。[本多成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小笠原貞頼の言及

【小笠原諸島】より

…ミカンコミバエは1985年根絶が確認され,果物などが島外へ持ち出せるようになり,アフリカマイマイ,ヤギについても97年現在,駆除が続けられている。【浅海 重夫】
【歴史】
 小笠原諸島の呼称は,1593年(文禄2)豊臣秀吉の命で南方航海をした小笠原貞頼が発見し,のち徳川家康が発見者の名をつけることを許したからと伝えられる。すでに1543年(天文12)スペイン人ビラロボスが一部発見していたともいわれるが確証はない。…

※「小笠原貞頼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小笠原貞頼の関連キーワード道恵文閑細川玄旨牧興相山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代塙団右衛門横目付伊勢・安土桃山文化村

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小笠原貞頼の関連情報