コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小糸工業 こいとこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小糸工業
こいとこうぎょう

信号など道路・交通機関関連の機器メーカー。小糸製作所系。 1915年創業の鉄道信号用レンズ製造業,小糸源六郎商店を前身として,47年内外商事として設立。 48年小糸商事に改称,57年現社名に変更。 67年小糸製作所より鉄道車両部品,交通信号保安機器,照明電機などの営業権を譲り受けると同時に,本社を横浜市に移転。モータリゼイションの発達に合せて道路情報表示装置や管制システムで急成長した。鉄道車両の車内案内装置に対し実績をもつ。東陶機器向けの衛生機器,新幹線・航空機用シートも製造する。売上構成比は,照明・電機 38%,交通信号機器 22%,衛生機器 12%,鉄道車両機器9%,シート 15%,その他4%。年間売上高 716億 4200万円 (連結。うち輸出9%) ,資本金 92億 1400万円,従業員数 2128名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小糸工業の関連キーワードKIホールディングス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android