小野 光洋(読み)オノ コウヨウ

20世紀日本人名事典の解説

小野 光洋
オノ コウヨウ

昭和期の政治家 立正学園長;参院議員(自由党)。



生年
明治33(1900)年4月4日

没年
昭和40(1965)年11月19日

出身地
山梨県

学歴〔年〕
立正大学哲学科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和31年〕

経歴
大正13年大正新修大蔵経刊行会入会。立正学園石川台高女校長兼教諭、妙油寺住職。立正安国団理事、東京司法保護委員会嘱託、日蓮宗戦災寺院復興局委員、立正学園、錦葉学院各理事長、東京都私立中学校協会常任委員渉外部長、日本私学団体総連合会理事、私学教育研究所理事長などを歴任。昭和21年日本私立中学高校連合会理事長。22年自由党から参院全国区議員に当選。23年文部政務次官。また立正大学理事長、立正学園女子短大学長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小野 光洋
オノ コウヨウ


肩書
参院議員(自由党),立正学園長

生年月日
明治33年4月4日

出身地
山梨県

学歴
立正大学哲学科〔昭和3年〕卒

経歴
大正13年大正新修大蔵経刊行会入会。立正学園石川台高女校長兼教諭、妙油寺住職。立正安国団理事、東京司法保護委員会嘱託、日蓮宗戦災寺院復興局委員、立正学園、錦葉学院各理事長、東京都私立中学校協会常任委員渉外部長、日本私学団体総連合会理事、私学教育研究所理事長などを歴任。昭和21年日本私立中学高校連合会理事長。22年自由党から参院全国区議員に当選。23年文部政務次官。また立正大学理事長、立正学園女子短大学長。

受賞
藍綬褒章〔昭和31年〕

没年月日
昭和40年11月19日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android