小野 俊一(読み)オノ シュンイチ

20世紀日本人名事典の解説

小野 俊一
オノ シュンイチ

昭和期の科学者,翻訳家



生年
明治29(1896)年

没年
昭和33(1958)年

出生地
京都府京都市

別名
筆名=滝田 陽之助

学歴〔年〕
東京帝大卒,ペトログラード大学自然科学科卒

経歴
東京大学助手から京都大学助教授を経て上京。発明協会の役員となる。昭和17年日本少国民文化協会理事長に就任。日本ロシア文学会理事、日本科学技術連盟参与も務める。戦後筆名でシーモノフやアヴィーロワなどの作品を翻訳した。サンクトペテルブルク遊学中に音楽家のアンナ・ブブノワ(小野アンナ)と結婚するが、10年離婚。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android