コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小関智弘 こせき ともひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小関智弘 こせき-ともひろ

1933- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和8年2月1日生まれ。東京大田区の町工場で旋盤工としてはたらくかたわら創作にはげむ。昭和50年「粋な旋盤工」を発表。56年「大森界隈職人往来」で日本ノンフィクション賞をうける。平成16年「職人学」で日経BP・BizTech図書賞。ほかに「町工場の磁界」「町工場の人間地図」「職人学」「職人学」など。東京出身。都立大付属工高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小関智弘の関連キーワード町工場のものづくり

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小関智弘の関連情報