小面倒(読み)こめんどう

大辞林 第三版の解説

こめんどう【小面倒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
少しわずらわしいこと。ちょっとややこしいこと。また、そのさま。 「足下は軽請合をするが、些と-な事で/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐めんどう ‥めんだう【小面倒】

〘名〙 (形動) (「こ」は接頭語) ちょっと厄介であること。また、いやにわずらわしいこと。また、そのさま。
咄本・吟咄川(1773)伊勢参り「あいさつをせねばならず、荷はしまいたし、こめんどうなとおもふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android