コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少花粉檜 ショウカフンヒノキ

デジタル大辞泉の解説

しょうかふん‐ひのき〔セウクワフン‐〕【少花粉×檜】

雄花がほとんどつかず、花粉の量が極めて少ないヒノキ花粉症対策のため森林総合研究所と各地の林業研究機関が開発したもので、平成25年(2013)までに56品種が開発された。→少花粉杉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android