コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林総合研究所 シンリンソウゴウケンキュウショ

デジタル大辞泉の解説

しんりん‐そうごうけんきゅうしょ〔‐ソウガフケンキウジヨ〕【森林総合研究所】

森林・林業・木材産業に関する試験研究を行う、農林水産省所管の国立研究開発法人。明治38年(1905)農商務省山林局林業試験所として創設。本部は茨城県つくば市森林総研FFPRI(Forestry and Forest Products Research Institute)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

森林総合研究所【しんりんそうごうけんきゅうじょ】

農水省林野庁付属の試験研究機関。1878年設立の樹木試験場を前身とし,1905年林業試験場に。1988年大幅な機構改革とともに現名に改称,2001年独立行政法人となった。
→関連項目農業試験場林野庁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんそうごうけんきゅうじょ【森林総合研究所】

林業に関する試験研究を行う機関。農林水産省の外局である林野庁の付属機関として設置されている森林総合研究所のほかに,各都道府県にも林業試験場やこれに類する機関がある。沿革をみると,1878年に東京の西ヶ原に樹木試験場をつくったのが始まりで,1905年に目黒に林業試験所として正式に発足した。第2次大戦後,林政統一があり,47年に旧帝室林野局の二つの林業試験場と北海道庁の林業試験場を統合し,さらに各営林局内の試験係を吸収し,林業試験場を本支場制とし,現在の組織の基礎をつくった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森林総合研究所
しんりんそうごうけんきゅうしょ

林業・林産業に関する国立の試験研究機関。1878年(明治11)樹木試験場として東京に設置されたのが始まりで、1905年(明治38)林業試験場として正式に発足。1978年(昭和53)には東京から筑波(つくば)研究学園都市に本所を移転、10年後の1988年には研究組織を改変し、森林総合研究所に名称変更した。農林水産省の外局である林野庁の付属機関であったが、2001年(平成13)4月より独立行政法人に移行した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

森林総合研究所の関連キーワード林野庁以外の官庁が所管する国有林野森林総合研究所関西支所 森の展示館日本のおもな植物園千代田(茨城県)八王子(市)研究開発法人緑資源公団無花粉スギ緑資源機構茎崎[町]無花粉杉少花粉杉治山治水杉浦銀治少花粉檜浅川茎崎

森林総合研究所の関連情報