コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林総合研究所 シンリンソウゴウケンキュウショ

4件 の用語解説(森林総合研究所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんりん‐そうごうけんきゅうしょ〔‐ソウガフケンキウジヨ〕【森林総合研究所】

森林・林業・木材産業に関する試験研究を行う、農林水産省所管の国立研究開発法人。明治38年(1905)農商務省山林局林業試験所として創設。本部は茨城県つくば市森林総研FFPRI(Forestry and Forest Products Research Institute)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森林総合研究所【しんりんそうごうけんきゅうじょ】

農水省林野庁付属の試験研究機関。1878年設立の樹木試験場を前身とし,1905年林業試験場に。1988年大幅な機構改革とともに現名に改称,2001年独立行政法人となった。
→関連項目農業試験場林野庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんそうごうけんきゅうじょ【森林総合研究所】

林業に関する試験研究を行う機関。農林水産省の外局である林野庁の付属機関として設置されている森林総合研究所のほかに,各都道府県にも林業試験場やこれに類する機関がある。沿革をみると,1878年に東京の西ヶ原に樹木試験場をつくったのが始まりで,1905年に目黒に林業試験所として正式に発足した。第2次大戦後,林政統一があり,47年に旧帝室林野局の二つの林業試験場と北海道庁の林業試験場を統合し,さらに各営林局内の試験係を吸収し,林業試験場を本支場制とし,現在の組織の基礎をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森林総合研究所
しんりんそうごうけんきゅうしょ

林業・林産業に関する国立の試験研究機関。1878年(明治11)樹木試験場として東京に設置されたのが始まりで、1905年(明治38)林業試験場として正式に発足。1978年(昭和53)には東京から筑波(つくば)研究学園都市に本所を移転、10年後の1988年には研究組織を改変し、森林総合研究所に名称変更した。農林水産省の外局である林野庁の付属機関であったが、2001年(平成13)4月より独立行政法人に移行した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森林総合研究所の関連キーワード水産研究所水産試験場農業試験場林業試験場工業試験所蚕業試験場蚕糸試験場農事試験場林業普及指導事業福井県坂井市丸岡町楽間

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森林総合研究所の関連情報