コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺杖 シャクヅエ

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐づえ〔‐づゑ〕【尺×杖】

建築の際などに用いる大形の物差し。長さ1~2間ほどの角材に、1尺ごとの目盛りをつけたもの。間竿(けんざお)などの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくづえ【尺杖】

一尺ごとに目盛りを刻んだ長い物差し。間竿けんざお

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の尺杖の言及

【検地竿】より

…検地竿は煤竹(すすたけ)で作られ,両端を銅で包んで損傷を防ぎ,1尺ごとに墨で目盛が施されていた。間竿を補うものとして6寸(約18.2cm)ごとに目盛のついた3尺(約90.9cm)または3尺6寸(約109.1cm)の尺杖(しやくづえ)があり,間数の端尺を切るのに用いた。間竿の代用に管縄を使うこともあった。…

※「尺杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尺杖の関連キーワード間竿・間棹

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android