コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たけ

デジタル大辞泉プラスの解説

たけ

岡山県、真備竹林麦酒醸造所が製造する地ビール

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

たけ

1814-1838 江戸時代後期の女性。
文化11年生まれ。男装をこのんで無宿渡世をつづけ,強引に金品をかりる押借(おしがり)の罪で八丈島に流される。島では鍛冶を職としたが,天保(てんぽう)9年10月20日病死した。25歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

たけ

没年:天保9.10.20(1838.12.6)
生年:文化11(1814)
江戸後期に生き,「女子の所業」を嫌って男装した無宿者。天保3(1832)年男装をたねに脅迫されて,脅迫者と密会し,妊娠,出産する。その直後に小盗みで逮捕された。入墨のうえ,男装を禁止される。以後「悪事」はしなかったが,5年後,見かけたゆすりの男を腕力で取り押さえた際,役人の手先を名乗ったことなどで逮捕。身分を偽ったうえに,禁止を無視して男装を続けていたことが「人倫を乱」したとして,遠島となり,鍛冶を職としつつ翌年,八丈島で病死した。<参考文献>石井良助編『御仕置例類集』,関民子『江戸後期の女性たち』,林玲子『女性の近世』

(関民子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

たけの関連キーワード鞍馬の竹伐りにせ八ヶ岳知将・智将革茸・皮茸シェーパー竹藪・竹薮白馬鑓ヶ岳武谷祐之徳川宗武久我建通建勲神社木曽御嶽同質異像竹野女王武内宿禰畑中荷沢佐竹義明竹筒ぽう岡山県岩手城

たけの関連情報