コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たけ

3件 の用語解説(たけの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

たけ

岡山県、真備竹林麦酒醸造所が製造する地ビール

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

たけ

1814-1838 江戸時代後期の女性。
文化11年生まれ。男装をこのんで無宿渡世をつづけ,強引に金品をかりる押借(おしがり)の罪で八丈島に流される。島では鍛冶を職としたが,天保(てんぽう)9年10月20日病死した。25歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

たけ

没年:天保9.10.20(1838.12.6)
生年:文化11(1814)
江戸後期に生き,「女子の所業」を嫌って男装した無宿者。天保3(1832)年男装をたねに脅迫されて,脅迫者と密会し,妊娠,出産する。その直後に小盗みで逮捕された。入墨のうえ,男装を禁止される。以後「悪事」はしなかったが,5年後,見かけたゆすりの男を腕力で取り押さえた際,役人の手先を名乗ったことなどで逮捕。身分を偽ったうえに,禁止を無視して男装を続けていたことが「人倫を乱」したとして,遠島となり,鍛冶を職としつつ翌年,八丈島で病死した。<参考文献>石井良助編『御仕置例類集』,関民子『江戸後期の女性たち』,林玲子『女性の近世』

(関民子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たけの関連キーワード生き恥死に生き身三口四意三排外豆本多当り木当り棒当り身砂籠所業

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

たけの関連情報