尾高勇(読み)おだか・ゆう

朝日日本歴史人物事典の解説

尾高勇

没年:大正12(1923)
生年:安政6(1859)
明治初期の伝習工女第1号。初代富岡製糸工場長尾高惇忠の長女。入間県(埼玉県)より明治5(1872)年,14歳で富岡製糸工場の西洋式製糸技術習得のために入所。17歳で1等工女となる。<参考文献>『埼玉の女たち』

(柴桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android