コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高勇 おだか・ゆう

1件 の用語解説(尾高勇の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

尾高勇

没年:大正12(1923)
生年:安政6(1859)
明治初期の伝習工女第1号。初代富岡製糸工場長尾高惇忠の長女。入間県(埼玉県)より明治5(1872)年,14歳で富岡製糸工場の西洋式製糸技術習得のために入所。17歳で1等工女となる。<参考文献>『埼玉の女たち』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾高勇の関連キーワード富岡富岡製糸場工女和田英青木てる尾高惇忠尾高ゆう中原作太郎速水堅曹ブリューナ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾高勇の関連情報