コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高勇 おだか・ゆう

朝日日本歴史人物事典の解説

尾高勇

没年:大正12(1923)
生年:安政6(1859)
明治初期の伝習工女第1号。初代富岡製糸工場長尾高惇忠の長女。入間県(埼玉県)より明治5(1872)年,14歳で富岡製糸工場の西洋式製糸技術習得のために入所。17歳で1等工女となる。<参考文献>『埼玉の女たち』

(柴桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尾高勇の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android