女工(読み)ジョコウ

百科事典マイペディアの解説

女工【じょこう】

作業場で働く女子労働者を呼んだ呼称明治維新後日本工業の中核となった繊維産業で女工(当初は工女と呼ぶ)が本格的に出現。明治10年以前は旧士族の子女が多かったが,それ以降は貧農出身の子女が大半を占めた。遠方から募集され,不衛生な寄宿舎に拘禁された女工等は,過酷な労働条件下で低賃金労働に縛り付けられた。第1次大戦後は一部では労働条件の改善が図られたが,従前同様劣悪な条件下にあり,《女工哀史》が記された。
→関連項目職工事情

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょこう【女工】

第二次大戦前、雇われて作業場や工場で働いた女性に対する呼称。女子工員。 ⇔ 男工
古代、官司に属して染織や裁縫に従事した女性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょ‐こう ヂョ‥【女工】

〘名〙
① 縫殿寮(ぬいどののつかさ)所属の女性職員。染織、裁縫を仕事とする女子の細工人。
政事要略(1002頃)六七「女工今説、染黒半臂紫蘇芳者、赤入黒」
※光悦本謡曲・呉服(1556頃)「みは唐の名にしおふ女工の昔を思ひ出る」
② 工場で働く女子の労働者。女性の職工。女子工員。〔広益熟字典(1874)〕
※初すがた(1900)〈小杉天外〉五「然(さ)う、工場へ行ったんだって? ぢゃ女工(ヂョコウ)なのねえ」
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉初「大抵妓皆驕恣懶惰(〈注〉わかままなまけ)、断じて女工(〈注〉シゴト)を為さず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女工の関連情報