コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女工 ジョコウ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐こう〔ヂヨ‐〕【女工】

明治以降第二次大戦まで工場で働く女性の労働者をいった語。女子工員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

女工【じょこう】

作業場で働く女子労働者を呼んだ呼称明治維新後日本工業の中核となった繊維産業で女工(当初は工女と呼ぶ)が本格的に出現。明治10年以前は旧士族の子女が多かったが,それ以降は貧農出身の子女が大半を占めた。
→関連項目職工事情

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょこう【女工】

第二次大戦前、雇われて作業場や工場で働いた女性に対する呼称。女子工員。 ⇔ 男工
古代、官司に属して染織や裁縫に従事した女性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女工の関連キーワードシーラ ディレイニーミカ・X ペレド日本之下層社会アメリカの悲劇高井 としを岩内 とみゑ上州の座繰唄愛知の機織唄女工と結核真名井純一細井和喜蔵あゝ野麦峠松尾 哲次矢口 陽子高井としを尾高 勇山内みな林芙美子ナット節女工哀史

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女工の関連情報