屋敷風(読み)ヤシキフウ

デジタル大辞泉の解説

やしき‐ふう【屋敷風】

武家屋敷の風俗。町風に対し、やぼでもの堅い面がある。武家風。やかたふう。
「今までの―はもう置いて」〈浄・合邦辻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やしき‐ふう【屋敷風】

〘名〙 武家屋敷の風俗。武家風のもの堅い身なり。やかたふう。武家風。
浄瑠璃・摂州合邦辻(1773)下「今迄の屋敷風はもう取置いて、これからは色町風」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android