コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屠腹 トフク

デジタル大辞泉の解説

と‐ふく【×屠腹】

[名](スル)切腹。割腹(かっぷく)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とふく【屠腹】

( 名 ) スル
腹を切ること。切腹。割腹。 「 -して果てる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の屠腹の言及

【切腹】より

…刀で腹を切って死ぬことで,自殺または死刑の方法として用いられた。割腹(かつぷく),屠腹(とふく),腹切(はらきり)ともいい,日本の習俗として外国人にも〈はらきり〉の名で知られている。 自殺の方法としては平安時代に始まり,源平争乱のころから一般化し,武士(男子)はもっぱらこれによるべきものとされ,中世,近世を通じてひろく行われた。…

※「屠腹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屠腹の関連キーワード都・兎・吐・図・土・堵・塗・妬・屠・度・徒・斗・杜・渡・登・賭・途・都切腹

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android