コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金井之恭 かない ゆきやす

2件 の用語解説(金井之恭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金井之恭 かない-ゆきやす

1833-1907 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官僚。
天保(てんぽう)4年9月18日生まれ。金井烏洲(うしゅう)の子。慶応3年(1867)討幕をくわだて投獄されたが,新政府軍にすくわれ,東北戦争にくわわる。維新後,内閣大書記官,元老院議官,貴族院議員。日本書道会会長。明治40年5月13日死去。75歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。字(あざな)は子誠。通称は五郎。号は錦鶏。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

金井之恭

没年:明治40.5.13(1907)
生年:天保4.9.18(1833.10.30)
幕末の志士。字は子誠,通称文八郎,五郎(梧楼),号は金洞,錦鶏。上野国佐位郡島村(群馬県境町島村)の画家・勤王家金井烏洲の3男。父の影響を受け尊攘派志士となる。慶応3(1867)年上野の名家,新田満次郎を擁立して下野国出流山の討幕挙兵に呼応しようとしたが,発覚して捕らえられた。明治1(1868)年官軍の手によって上野国岩鼻代官所の獄から救出され,満次郎の勤王軍に属して東北戦争に従軍。のち西南戦争の総督参謀,内閣大書記官,元老院議官,貴族院議員などを歴任した。

(高木俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金井之恭の関連キーワード鈴木守一曽我景章中山忠愛横田順宣大関増美神原友于山中信天翁志士苦心多し入江九一松永鉄五郎(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone