コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割腹 カップク

世界大百科事典内の割腹の言及

【切腹】より

…刀で腹を切って死ぬことで,自殺または死刑の方法として用いられた。割腹(かつぷく),屠腹(とふく),腹切(はらきり)ともいい,日本の習俗として外国人にも〈はらきり〉の名で知られている。 自殺の方法としては平安時代に始まり,源平争乱のころから一般化し,武士(男子)はもっぱらこれによるべきものとされ,中世,近世を通じてひろく行われた。…

※「割腹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

割腹の関連キーワード戸賀崎熊太郎(4代)川原崎助右衛門尉山城屋和助事件常ノ花 寛市杉浦与左衛門常ノ花寛市山城屋事件中津大四郎山城屋和助三島由紀夫阿南 惟幾中平竜之助八切 止夫和田三兵衛小泉 親彦富田礼彦飯田忠彦遠藤賢司田中清玄浜田国松

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

割腹の関連情報