割腹(読み)カップク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 腹を切って死ぬこと。切腹。はらきり。〔新令字解(1868)〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「又かの戦場に討死し落城のときに割腹する者とても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の割腹の言及

【切腹】より

…刀で腹を切って死ぬことで,自殺または死刑の方法として用いられた。割腹(かつぷく),屠腹(とふく),腹切(はらきり)ともいい,日本の習俗として外国人にも〈はらきり〉の名で知られている。 自殺の方法としては平安時代に始まり,源平争乱のころから一般化し,武士(男子)はもっぱらこれによるべきものとされ,中世,近世を通じてひろく行われた。…

※「割腹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

割腹の関連情報