コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

履歴効果 りれきこうかhysteresis

翻訳|hysteresis

1件 の用語解説(履歴効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

履歴効果
りれきこうか
hysteresis

ヒステリシスともいう。経済の状態が変化して元の状態に戻ったとき,必ずしもすべてが元どおりにはならないことを意味する。為替レートの変化の影響を議論する場合にしばしば登場する。たとえばドル高の状態がしばらく続くと,アメリカの企業は海外に生産拠点を移すので,先端産業の技術蓄積が遅れる。また海外の企業がアメリカに進出するためアメリカ国内に投資して販売拠点を築いたりする。こうしたドル高の効果は,ドルが元のレベルに戻ったとしても影響を及ぼし続けることになる。これがドル高の履歴効果である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone