山口若麻呂(読み)やまぐちの わかまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口若麻呂 やまぐちの-わかまろ

?-? 奈良時代の官吏。
大宰少典(だざいのしょうさかん)として大伴旅人(おおともの-たびと)につかえる。天平(てんぴょう)2年(730)旅人邸での梅花の宴でよんだ歌と,急病の旅人をみまった都からの使者への送別の歌の2首が「万葉集」巻4・5にのる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android