梅花(読み)バイカ

大辞林 第三版の解説

ばいか【梅花】

梅の花。
六種むくさの薫物たきものの一。沈香じんこう・甲香・麝香じやこう・丁子香・白檀香などを練り合わせる。梅の花の香りをもつという。春の薫物。 「 -ははなやかに今めかしう/源氏 梅枝
「梅花の油」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うめ‐の‐はな【梅花】

ばい‐か ‥クヮ【梅花】

〘名〙
① うめの花。
※懐風藻(751)侍宴〈大石王〉「淑気浮高閣、梅花灼景春」
※太平記(14C後)二九「梅花を一枝折て」 〔駱賓王‐代女道士王霊妃贈道士李栄詩〕
薫物の名。①の香を擬したという。沈香・占唐香・甲香・甘松香・白檀香・丁字香・麝香・薫陸香などを練り合わせて作る。六種(むくさ)の薫物の一つ。春に用いる。梅花香。梅花方。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「はい花はなやかに今めかしう、少しはやき心しらひをそへて」
③ =ばいか(梅花)の油〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「とろり渡世も種油、ばいく・紙こしゑの油」
④ 風窓(かざまど)の作り方の一種。梅花形で、中心の釘をまわすと一弁ずつ開くように造ったもの。〔随・嬉遊笑覧(1830)〕
⑤ 楊弓・大弓などで銭を賭(か)ける時に五銭をいう隠語。おすが。〔随筆・一話一言(1779‐1820頃)〕

もい‐か ‥クヮ【梅花】

〘名〙 (「もい」は「梅」の唐宋音) 梅花の模様。また、その模様を織った絹。〔伊京集(室町)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅花の関連情報