コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山寺秀雄 やまてら ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山寺秀雄 やまてら-ひでお

1924- 昭和後期-平成時代の化学者。
大正13年1月1日生まれ。立大教授をへて,昭和42年名大教授となる。退官後,大同工業大教授。金属錯体吸収スペクトルに関する規則(山寺則)を確立した。平成9年学士院賞。京都出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の山寺秀雄の言及

【錯体】より

…なおこの系列は配位原子についてみると,C>N>O,S>F>Cl>Br>Iの順である。低対称正八面体形錯体の配位子場吸収帯の分裂は角関数重なりモデルによる計算(山寺秀雄,1958)によってよく説明できる。錯体には主として紫外部に強い(logε=3~4)吸収帯をもつものが多い。…

※「山寺秀雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山寺秀雄の関連キーワード高校野球父を売る子フランス映画甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアル金大中オリンピックギュムリコフカサンクト・ペテルブルク

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山寺秀雄の関連情報