山岡 重厚(読み)ヤマオカ シゲアツ

20世紀日本人名事典の解説

山岡 重厚
ヤマオカ シゲアツ

大正・昭和期の陸軍中将



生年
明治15(1882)年11月17日

没年
昭和29(1954)年3月27日

出生地
高知県土佐郡旭村(現・高知市)

学歴〔年〕
陸士卒,陸大卒

経歴
山岡熊治の二男に生まれる。大正5年陸軍教育総監部課員、12年母校・陸軍大学校の兵学教官、のち陸軍士官学校生徒隊長、教育総監部第2課長、歩兵第1旅団長などを経て、昭和7年軍務局長となる。5・51事件による軍部独裁政権樹立の動きには時期尚早として反対した。9年整備局長、10年中将、第9師団長、11年予備役に編入となったが、12年召集で第109師団長、参謀本部付。20年4月から善通寺師管区司令官、四国軍管区付を務めた。遺著に「日本刀伝習録」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android