編入(読み)ヘンニュウ

とっさの日本語便利帳「編入」の解説

編入

他大学から二、三年次に編入試験を受けて転学してくること。外国語、専門科目、面接などの試験があるが、入試よりは楽なため、浪人ではなく編入を狙う学生もおり、編入専門の予備校も存在する。近年、短大生の就職難で、短大卒業後、四年生大学に編入する学生が増えている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉「編入」の解説

へん‐にゅう〔‐ニフ〕【編入】

[名](スル)すでにできている組織や団体の中に途中から組み入れること。「町が隣の市に編入される」「編入試験」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「編入」の解説

へん‐にゅう ‥ニフ【編入】

〘名〙 組み入れること。組・団体などに途中から組み込むこと。また、組み込まれてはいること。
※翁問答(1650)跋「前後改正の篇を編入(ヘンニウ)し」 〔許彦周詩話〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android