コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡次郎 やまおか じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡次郎 やまおか-じろう

1850-1905 明治時代の化学者。
嘉永(かえい)3年生まれ。もと越前(えちぜん)福井藩士。アメリカに留学し,明治10年東京大学助教授。農商務省技師,大蔵省税関監定官などをつとめた。東京化学会創立委員。明治38年2月21日死去。56歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山岡次郎

没年:明治38.2.19(1905)
生年嘉永3(1850)
明治期の化学者。福井藩の出身。蕃書調所で英語を教えたのち,明治4(1871)年アメリカに留学,化学を学ぶ。10年東大助教授,のち農商務省技師として,染色技術などの開発指導に当たり,また東京教育博物館が高等師範学校所管となったのちにその館長を務める。のち大蔵省税関鑑定官などを歴任する。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

山岡次郎の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android