山形 仲芸(読み)ヤマガタ ナカキ

20世紀日本人名事典の解説

山形 仲芸
ヤマガタ ナカキ

明治・大正期の医学者 東北帝大医科大学初代学長。



生年
安政4年11月15日(1857年)

没年
大正11(1922)年6月

出生地
越前国福井(福井県)

学歴〔年〕
東京大学医学部〔明治44年〕卒

経歴
明治5年大学南校に入学し英学を修めたのちドイツ学に転じ、ついで大学東校に移り、14年東大医学部を卒業、直ちに岡山県医学校教諭兼岡山県病院一等医、のち副院長となり外科を担当。21年学制改革により宮城医学校(仙台市)から昇格した第二高等中学校に転任し医学部長兼宮城県病院長を務める。30年ドイツ留学を命じられ、31年万国癩病会議員となりドイツ皇帝に謁見した。32年帰国、34年第二高等中学校医学部は仙台医学専門学校に改称し校長に就任。45年東北帝大医学専門部主事、大正4年東北帝大医科大学が開設され、初代学長となる。この間、16年岡山県の風土病患者から吸虫を採取し、肝臓ジストマであることを確認した。大正7年退任し、神奈川県小田原市に移り住み晩年を過ごした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android