コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸虫 キュウチュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ちゅう〔キフ‐〕【吸虫】

吸虫綱に属する扁形(へんけい)動物の総称。ふつう体の前端の口の周囲と腹部に吸盤をもち、肛門(こうもん)はない。魚・カエル・鳥・獣に寄生する多くの種が含まれ、肝蛭(かんてつ)肝吸虫肺吸虫日本住血吸虫などがある。かつて二つの口をもつとして二口虫・ジストマとよばれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸虫
きゅうちゅう
trematodefluke

扁形(へんけい)動物門吸虫綱Trematodaに属する寄生虫の総称。楯(たて)吸虫亜綱Aspidogastreaと二生(にせい)亜綱Digeneaからなり、約7000種が知られているが、その多くは二生亜綱に属する吸虫類である。二生吸虫類はいろいろな体形のものを含み、吸着器として口吸盤と腹吸盤をもつのが普通であり、かつてはこれを二つの口とみて二生吸虫類をジストマdistomaとよんだが、現在この呼称は用いない。消化器は口に始まり、咽頭(いんとう)、食道を経て2本の腸管となり、腸管は盲端に終わることが多い。雌雄同体で一つの個体内に雌雄の生殖器を備えているが、住血吸虫などでは二次的に雌雄異体となった。成虫は脊椎(せきつい)動物の消化、呼吸、泌尿、循環などの器官に寄生し、人畜の疾病の原因となるものもある。
 日本でヒトに寄生する吸虫類として重要なものに、肝吸虫、横川吸虫、ウェステルマン肺吸虫、宮崎肺吸虫、棘口(きょくこう)吸虫、日本住血吸虫などがある。
 二生吸虫類の発育環は複雑で、種類により異なるが、一つ以上の中間宿主を必要とする。中間宿主の種類も吸虫によって決まっている。成虫は両性生殖により卵を産む。卵は外界に排出され、卵内にミラシジウムmiracidiumという幼虫を形成する。水中で孵化(ふか)したミラシジウムは繊毛をもち、遊泳して第一中間宿主の貝類に侵入する。卵が貝類に食べられてミラシジウムが孵化する種類もある。貝の体内でミラシジウムは繊毛を落とし、細長い袋状のスポロシストsporocystという幼虫に変態し、その中の胚(はい)細胞が発育して複数の娘スポロシストあるいはレジアrediaという幼虫を生じる。娘スポロシストあるいはレジアはスポロシストから脱出し、さらにこれらの体内の胚細胞より多数のセルカリアcercariaという幼虫を生じる。このような幼生生殖の結果、1個の卵より数百、数千のセルカリアができることもある。セルカリアは尾を備え、貝から遊出して第二中間宿主の魚類や甲殻類に到達し、それらの体表や体内で袋に包まれてメタセルカリアmetacercariaになる。水辺の草の上でメタセルカリアになる種類もある。固有宿主が食べ物といっしょにメタセルカリアを食べると、その体内で成虫になる。住血吸虫ではセルカリアが直接固有宿主に侵入して成虫になる。
 楯吸虫類は体の腹面に多くの小室からなる吸着器を備えており、腹足類や二枚貝類の外套腔(がいとうこう)、囲心腔、腎腔(じんこう)、あるいは魚類やカメ類の消化管に寄生する。発育環には中間宿主を必要としないものが多い。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吸虫の関連キーワードニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)キュウチュウ(吸虫)巨大肝てつ(蛭)好酸球性髄膜脳炎肥大吸虫感染症肝ジストマ病肝ジストマ症馬てつ(蛭)肥大吸虫感染肺ジストマ症肝臓ジストマ肺臓ジストマ肺ジストマ小林晴治郎吸虫類感染腸内寄生虫桂田富士郎血液寄生虫肝ジストマ幼生生殖

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸虫の関連情報