コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山椒喰 サンショウクイ

デジタル大辞泉の解説

さんしょう‐くい〔サンセウくひ〕【山××喰】

スズメ目サンショウクイ科の鳥。スズメよりやや大形で、後頭部の辺りは黒く、背は灰色、額と腹が白い。日本では夏鳥として山地にみられ、ヒリヒリッと鳴く。 春》「風くれば檜原(ひばら)したたり―/波郷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしょうくい【山椒喰】

スズメ目サンショウクイ科の小鳥。全長約20センチメートル。背面は灰色、前額と腹面は白。日本では夏鳥として本州以南の低山帯で繁殖し、冬は東南アジアに渡る。ヒリリン、ヒリリンと鳴く声からこの名があるという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山椒喰 (サンショウクイ)

学名:Pericrocotus divaricatus
動物。サンショウクイ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android