夏鳥(読み)なつどり

大辞林 第三版の解説

なつどり【夏鳥】

渡り鳥のうち、ある地方に春から初夏のころ渡来して繁殖し、ひなを育てて秋に再び温暖な越冬地に去るもの。日本ではツバメ・ホトトギス・カッコウなど。 ⇔ 冬鳥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏鳥
なつどり
summer visitorsummer residentsummer bird

ある一つの地域でみられる鳥のなかで、毎年春になると現れてそこで繁殖し、晩夏か秋に姿を消すものをいう。夏鳥は主として北半球の温帯と寒帯でみられる。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の夏鳥の言及

【渡り鳥】より

…やがてこれらの鳥も秋になると南をさして渡っていく。前者を冬鳥winter bird,後者を夏鳥summer birdという。さらにこれらのほかに,北極圏やシベリア地方で繁殖し,オーストラリア方面まで渡って越冬するオオジシギをはじめトウネン,ムナグロ,ダイゼンなどシギ・チドリ類は,春と秋の年2回日本に立ち寄るので,これらを旅鳥travelerと呼んでいる。…

※「夏鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏鳥の関連情報