夏鳥(読み)なつどり

大辞林 第三版の解説

なつどり【夏鳥】

渡り鳥のうち、ある地方に春から初夏のころ渡来して繁殖し、ひなを育てて秋に再び温暖な越冬地に去るもの。日本ではツバメ・ホトトギス・カッコウなど。 ⇔ 冬鳥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏鳥
なつどり
summer visitorsummer residentsummer bird

ある一つの地域でみられる鳥のなかで、毎年春になると現れてそこで繁殖し、晩夏か秋に姿を消すものをいう。夏鳥は主として北半球の温帯と寒帯でみられる。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なつ‐どり【夏鳥】

〘名〙 候鳥の一種。ある地域に春から初夏のころ現われて繁殖し、秋に去る鳥。日本ではツバメ、オオルリ、カッコウ、ヨシキリ類など。厳密には特定の地域に関して言う。たとえばムクドリは北海道東部では夏鳥だが、関東平野では留鳥であり南九州では冬鳥である。
※埋葬(1971)〈立原正秋〉四「この夏鳥は、この湖で越冬するのがかなりいるときいていたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の夏鳥の言及

【渡り鳥】より

…やがてこれらの鳥も秋になると南をさして渡っていく。前者を冬鳥winter bird,後者を夏鳥summer birdという。さらにこれらのほかに,北極圏やシベリア地方で繁殖し,オーストラリア方面まで渡って越冬するオオジシギをはじめトウネン,ムナグロ,ダイゼンなどシギ・チドリ類は,春と秋の年2回日本に立ち寄るので,これらを旅鳥travelerと呼んでいる。…

※「夏鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏鳥の関連情報